小説家長野まゆみ公式Webサイト 長野まゆみのblog「コトリコ」10月7日更新!https://kotorico.exblog.jp/
耳猫風信社Twitter→https://twitter.com/mimineko_nagano

長野まゆみの著作物使用は公益社団法人文藝家協会HP(http://www.bungeika.or.jp/)にて委託管理しています。
※同会HPの申請フォームにてお願いします。
ホーム | 長野まゆみ作品目録 > 文庫天球儀文庫
詳細

天球儀文庫[河出文庫]

星の名前を教えてくれる宵里は、いつもアビを魅了する。秋の新学期から夏期休暇まで、二人が過ごした美しい日々と、不思議な出来事の数々。幻の初期作品四篇が一冊になりました。

作品社より、「月の輪船」「夜のプロキオン」「銀星ロケット」「ドロップ水塔」として1991年〜1992年にかけて刊行されたシリーズの文庫化です。
天球儀通信として長野まゆみの「あとがき」も収録されています。

解説は「少年はなぜいつもふたりなのか」中村えつこさん。

天球儀文庫」2005年11月河出文庫より刊行。

(画像をクリックすると大きく見られます)
単行本「月の輪船」「夜のプロキオン」「銀星ロケット」「ドロップ水塔」として1991年〜1992年にかけて刊行されたシリーズ。
※挿絵は鳩山郁子さん