小説家長野まゆみの公式Webサイトです。
ホーム【耳猫風信社からお知らせ】
【耳猫風信社からお知らせ】
【耳猫風信社からお知らせ】:7
2018年12月14日
サイン票付新刊「カムパネルラ版 銀河鉄道の夜」の受付は予定数に達しましたので、終了いたしました。ただ今新刊単行本の入荷待ちとなっております。

クリスマスカードをご注文のかたがたへの発送を開始いたしました。到着まで今しばらくお待ちくださいませ。

《弊社通販部を初めてご利用されるのかたへ》
★お客さまがカートでお買い物されますと、弊社から金額確定メールを送信いたします。弊社指定の口座番号へ郵便振替にて弊社へ先にお振込いただき、ご入金確認後に郵便にて商品を発送いたします。

★ATMの場合、入金後に振込証明用紙が発行されます。振り込んだ証明となり決済が完了するまで大切に保存してください。
※恐縮ですが、過去に問題が生じたお客さま、未入金のお客さまのご注文はお受けできません。

★メール到着後一週間以内にご入金をお願いしておりますが、弊社のメールが届いていらっしゃらないお客さまがいらっしゃいましたら、弊社「お問い合わせフォーム」よりご連絡くださいませ。
@ezweb.ne.jpでご登録のかたへ弊社からのご注文確定メールの未着が多くなっております。今一度モバイルの設定をご確認ください。※設定などはご契約先でお問い合わせください。

《お支払いが遅れた場合》*ご注意ください!
お支払が遅れ、期日までにご連絡がないかたのご注文につきましてはキャンセルとなり、今後弊社通販部にてご注文をお受けできません。こちらからはご連絡はいたしません。どうかご注意くださいませ。

【カート・オープン日とは?】
新入荷については、お買い物開始(カート・オープン)日からご注文を承ります。※システム上、早い者勝ちとなります。
その期間は発送が込み合いますので、小冊子のみご希望のかたは余裕をもってご注文ください。
★LM受注番号をお持ちのかた限定販売となりますので、ご注文のさい、備考欄へLM受注番号の明記をお願い申し上げます。
※恐縮ですが、事務処理上24時間すぎてからの商品追加や、15日以上先の発送日指定は承ることができません。

【ご質問やお問い合わせ】※恐縮ですが、返信にはお時間がかかります。
info@mimineko.co.jpへの送信はシステム上、当社担当者へはメールは届きません。「お問い合わせ」フォームからお願い申し上げます。

【配達について】
ご入金を弊社で確認後、準備が整いしだい日本郵便(特定記録郵便)にて発送いたします。

《弊社通販部を初めてご利用されるのかたへ》
★印がついた商品は「LM受注番号」(レモンとお月さまをご購入くださったさい、伝票に記載した番号)が必要です。
★最新小冊子ご購入時の有効期限内の特典としては、★印のついた弊社の限定販売商品をご購入いただけますほか、長野まゆみサイン票付き新刊本受付にご応募できます。(次回の小冊子発売日までの有効期限となります)。
※書店販売はありませんので、弊社Webサイトの通信販売をご利用ください。

*ご注文いただいてから弊社からの自動返信/金額確定のメールが2日以上届かない場合、お手数ですがご連絡くださいませ。
モバイルの設定によっては弊社のメールが未着となります。ご注文いただいても弊社からのメールが2日以上ない場合、今一度設定をご確認ください。
*弊社メールマガジンの配信が「強制停止になっているメールアドレス」では弊社の口座番号のお知らせメールが未着となります。
*お支払期限を過ぎて、再度ご注文される方がいらっしゃいますが、期限が過ぎてもご連絡いただけないお客さまのご注文はお受けできません。
*ご入金のさい「ご依頼人名」はご自分のお名前でお願い申し上げます。入金元のお名前をお間違えになりますと、発送できません。今一度送金後のお手元の控えをお確かめください!郵便局で備え付けの「振込取扱票」では送金できません。ご不明な点は郵便局員へお尋ねください。
2018年12月06日
トップページの左側コンテンツに【長野まゆみ関連リンク先】を追加いたしました。
リンク先を修正いたしましたので、配信画像をお愉しみください。
「耳猫風信社Twitter」はじめました。

◇印は予定です。
《新刊*単行本》
◆「カムパネルラ版 銀河鉄道の夜」河出書房新社(12月17日刊行予定)

《新刊*文庫》
◆「メルカトル」角川文庫 2月24日刊行
地図収集館で働く青年リュスの周囲で次々とおこる不可思議な出来事。
単行本「メルカトル」(大和書房/2007年刊行)の文庫化。

◆「デカルコマニア」角川文庫 7月24日刊行
時空を超えた不可思議な一族の物語。2011年刊行の単行本「デカルコマニア」(新潮社/刊 )の文庫化。

◆「群像短篇名作選 2000〜2014」(辻原登/群像編集部/講談社)5月12日刊行
去年10月号で創刊70年を迎えた文芸誌「群像」に掲載された「短編集」第三弾に長野まゆみ「45°」収録。

◆「冥途あり」(講談社文庫)11月15日刊行

《掲載誌*連載》
筑摩書房PR誌「ちくま」2018年2月号(No.563)※02月01日刊行
3月号(No.564)※03月01日刊行
分載で短篇を掲載。タイトルは「坂をおりる船」。

◆文芸誌「しししし」創刊号(双子のライオン堂/刊行)オンラインでも販売されています。
第1号の特集は「宮沢賢治」※2018年12月31日発売
タイトル「カンパネルラの誘惑」
赤坂にある選書専門店「双子のライオン堂書店」(港区赤坂6)詳細は下記にて。
http://shishishishi.liondo.jp

◆「文藝」2018年夏季号(発売中)
【短期集中連載】長野まゆみ「カムパネルラ版 銀河鉄道の夜」前篇
あの名作を語り直す驚きの試み!――ジョバンニではなくカムパネルラ視線で物語を語り直すとき、秘められた賢治の恋の真実が浮かび上がる。「5.天気輪の柱」までを収録。(河出書房新社HPより)

◆「文藝」2018年秋季号(発売中)
【短期集中連載】長野まゆみ「カムパネルラ版 銀河鉄道の夜」後篇

◆「群像8月号」 季・憶シリーズ 「処暑 綿柎開」(7月初旬発売)
二十四節季の処暑から、それをさらに細分化した「綿柎開」【わたしべひらく】を題材にした短篇掲載。

《催事》
◆耳猫風信社主催「読書会」テーマ:「さくら、うるわし」を読む※終了いたしました。
4月8日(日) 長野まゆみがゲスト(今回は詩人そらしといろさん)と対談しながら、著作を語る読書会を開催しました。

◆トークイベント 今福龍太×長野まゆみ「21世紀の宮沢賢治」in 東京 ※満員御礼/終了いたしました
トーク後はサイン会が開催されました。
日時:2018年5月30日(水)19:00〜20:30(開場は18:30)
場所 la kagu(ラカグ)2F レクチャースペースsoko
《関連記事掲載》
◆5月29日(火)日本経済新聞夕刊 文化面
さきのトークイベントの前日「宮沢賢治をもう一度」のタイトルで、取材を受けた記事が掲載。

◆「「野川朗読会 9」※終了いたしました。
日時 7月1日(日)  13:30~16:00 会場 成城ホール集会室 
◆ひとことテーマ 「私の立ち入り禁止地区」

◆イベント情報*展示会/講演会 ※終了いたしました。
「長野まゆみの図書函 ナガノマユミノトショカン」ー「少年アリス」から始まる物語たち
長野まゆみが『少年アリス』で文藝賞を受賞してから今年で30年の節目にあたる今年の夏、著作関連の展示を開催いたしました。
日時 7月12日(木)〜17日(火) 12:00〜18:00 ※最終日は16:00まで
★7月16日(祝日)は催事のため16:00から開廊
会場 国立駅近くのおうちギャラリー「GALLERY BIBLIO」
★16日(祝日)、対談方式での長野まゆみとゲストによるトークイベント開催(※受付終了)
耳猫風信社*雑貨舗では書籍・鉱石標本・その他を販売いたしました。

◇「文学フリマ東京」に参加予定です。

◆長野まゆみは2016年から「やまなし文学賞」選考委員のひとりになりました。
2018年10月09日
小説家長野まゆみの公式Twitter「耳猫風信社」です。
書籍やイベントのお知らせ等を「耳猫風信社スタッフ」が、ゆるりとつぶやいていきます。
https://twitter.com/mimineko_nagano
2018年07月18日
長野まゆみが『少年アリス』で文藝賞を受賞してから今年で30年の節目にあたる今年の夏、著作関連のささやかな展示を開催いたしました。


「長野まゆみの図書函 」ー「少年アリス」から始まる物語たち
長野まゆみが『少年アリス』で文藝賞を受賞してから今年で30年の節目にあたる今年の夏、著作関連のささやかな展示を開催いたしました。
小説家デビュー30周年記念展示
「長野まゆみの図書函 ナガノマユミノトショカン」ー「少年アリス」から始まる物語たち
会場 国立駅近くのおうちギャラリー「GALLERY BIBLIO」
ギャラリー内に併設する耳猫風信社*雑貨舗では書籍・鉱石標本・その他を販売いたしました。


★少年舗長は久々の登場です。


展示の様子を撮影いたしました。


酷暑のなか、ご来場くださいまして、心より感謝申し上げます。ありがとうございました。
2018年07月01日
恒例になった長野まゆみが参加する「朗読会」は9回目をむかえ、今回のひとことテーマ 「私の立ち入り禁止」でした。ご来場くださいまして、誠にありがとうございました。
2018年05月31日
「今福龍太×長野まゆみ「21世紀の宮沢賢治」in 東京」
東西線神楽坂駅近くの元は新潮社書庫をリノベーションした「la kagu」2階 レクチャースペースsokoにて、トークイベントが開催されました。雨の日にもかかわらず、会場は満席となりました。「今、なぜ賢治が改めて脚光をあびているのか?」について賢治作品をめぐる話題には予定の1時間を超え、質疑応答の時間も割愛、トーク終了後のサイン会(お1人さま1冊)が行われました。長野ファンのかたがたがお持ちくださった1冊1冊の著作の中に、懐かしい単行本も!会場撤収時間の都合でサイン会の延長できないために、とても駆け足!で長野まゆみが「2018,05,30」の日付を記しておりました。ご来場くださいまして、誠にありがとうございました。


日時:2018年5月30日(水)19:00〜20:30
場所:la kagu(ラカグ)2F レクチャースペースsoko
★満席となりました。
2015年04月10日
絶版や品切れなどのため、入手困難になりました長野まゆみの著作物に関する弊社へのお問い合わせが大変多くなっております。「著者保存用蔵書」を通信販売部にて販売することもございますが、既に全作品の大半は放出してしまいました。弊社では、お問い合わせくださった方々のご希望をかなえることが出来ず大変恐縮しております。
※「長野まゆみ作品目録」については、告知ページのため、恐縮ですがお買いものはできません。
※本の価格に関して、システム上「お問い合わせください」と表示がございますが、版元へお願い申し上げます。

長野まゆみの版元である出版社はオンラインショップを併設しておりますので、お手数ですがお探しの作品のお問い合わせはそちらへお願い申し上げます。