小説家長野まゆみの公式Webサイトです。
ホーム | 長野まゆみ作品目録 > 単行本「さくら、うるわし」
詳細

「さくら、うるわし」[角川書店]

甘美で幻想的な異界への誘い――匂いたつかぐわしさにほろ酔う連作奇譚集。

男同士が忍び逢う宿屋「左近」の長男、桜蔵(さくら)は高校を卒業し、大学に進学。それを機に実家をはなれ、父の柾とその正妻と同居することになる。しかし、やっかいなものを拾う”体質”は、そのままで……
大雨の朝、自転車通学の途中で事故にあい、迷いこんだ先は古着を仕立て直すという〈江間衣服縫製所〉。その主の婆さんは着ていた服で浮き世の罪の重さをはかり、つぎに渡る川や行き先を決めるという――この世ならざる古着屋や巡査との出逢い、境界をまたいで往き来する桜蔵の命運やいかに――!?(この川、渡るべからず)
匂いたつかぐわしさにほろ酔う、大人のための連作奇譚集。
240頁
出版社: KADOKAWA (2017/11/2)
ISBN-10: 4041050669
ISBN-13: 978-4041050668
『さくら、うるわし 左近の桜』(KADOKAWA)刊。
装画、岩渕華林、装幀、アルビレオ。